ポイントと注意点

合同会社設立のポイントと注意点

ポイントと注意点合同会社はかつての有限会社に代わる存在として、立ち上げることが可能な法人です。かつての有限会社が新設が出来なくなって既存のものも廃業すれば、有限会社としては再度の立ち上げは出来なくなっています。では中小零細企業は道がないのかというと、そんなことはなく代替案としてこの合同会社があるという状況です。
この合同会社の最大の特徴及びポイントは、所属する従業員全員が重要な決定をする議決権を有している点です。この点において、誰かが反対をすれば、組織として決定が出来なくなってしまいます。したがって、個人や家族などの極限られた人数での組織運営が求められる組織になっています。

合同会社は、法人ですから定款を作成しなければいけません。またその定款の認証を公証役場で受けて、その結果法務局にて法人登記を行わなければならないものです。この設立に関する流れは他の法人形態とあまり変わりはありません。個々でのポイントは、定款の作成から登記までの流れが同じであることと、法務局での登記に関しては通常、司法書士に代行を依頼して行う事です。司法書士に依頼する際には注意点として、彼ら士業も別の法人なり個人なりから依頼を受けて活動しています。したがって、今日明日に依頼をしたらすぐに活動が出来るとは限りません。段取りよく準備を進め、あらかじめ相談を早めに行う事によって、段取りをしっかりと行う事が求められるわけです。
設立時には行わなければならないことが多数ありますので、設立を行う前に流れの確認をしっかりと行い、その後、合同会社の運営なども考えていくことが求められています。

合同会社設立と同じタイミングで事業を行おうとする場合は、法人の登記が終わる予定日に合わせて行動する必要があります。特に、事業の中でも行政の認可が必要なものは、法人設立後でないと受け付けないという場合がありますので、法人申請中には相談を適宜行うなど、適切な対処が必要になってくるものです。
一番重要なことは、設立を行う人が流れをよく把握して、その中で今現在において何をしなければいけないのかを把握することです。依頼を士業にするのはいいとして、次の作業をどうしていくかを考えなければなりません。士業の人たちの進捗状況もなるべく把握をしながら、次に必要な書類は何か、その書類は執行に任せていていいものか、自分でするべきかなどを把握して行くことが、非常に大事になってきます。