設立する理由

個人事業主が合同会社を設立する理由

設立する理由合同会社と言う名前を聞きなれない人は多いと思いますが、会社法の改正により新しく設立が可能になった会社の形として既に多くの合同会社が立ちあげられています。この会社は株式会社に比べて緩やかな条件になっているのが特徴の会社であり、設立するために必要な資金等も最も少なく済むことでも知られています。会社を作ると聞くと真っ先に思い浮かべるのは殆どの人にとって株式会社であると言えますが、最近ではこの合同会社と言う会社の形を選択する個人事業主が増加傾向にあることが知られています。そこには様々なメリットがあるためなのです。
個人事業主と言うのはサラリーマンとして雇用をされているのではなく、個人として働いているフリーのスタイルでの仕事をする人のことを意味します。会社設立をせずに自分のペースで働くことが出来るので敢えてこの形で生計を立てている人も少なくありませんが、この様な個人事業主にとって合同会社の設立は非常にメリットの多いものとして受け止められています。例えばある程度の規模の事業として成長した場合には合同会社を設立することで一時的に消費税の免除を受けることが出来る場合もあります。他にも個人事業主であれば受けることの難しい大きな仕事も合同会社を設立することにより企業対企業の付き合いをすることもできるようになります。この様に信用の程度も上がってくるという点が魅力であると言えるでしょう。個人事業主の場合には何かがあった場合の責任は全て個人の無限責任となりますが、合同会社等の法人を作っておけば法人への出資金を上限とする有限責任で対応することも出来ます。
この様な数々のメリットを理由として合同会社の設立を決意する個人事業主は少なくありません。理由としてはリスクを最小とし、メリットを活かすことを考えた場合に現在行きつくことが出来る仕組みがこの合同会社であると言えるのです。既に事業が多忙で十分な時間が確保できないという場合には行政書士等が代行してくれる法人登記の代行をサービスを利用するというのも一つの手でしょう。印鑑の作成や会社名さえ決まれば専門家の手に任せてしまうことも不可能ではありません。この様に法人化と言う制度を上手に活用してリスクの軽減を図ることは事業を拡大して行くためにも非常に有効な手段であるということが出来るでしょう。そのため最近になって合同会社を新たに作ろうという動きは活発になってきています。